春の桜、夏には昆虫、秋の紅葉、冬は雲海など四季を通じて楽しめる広島県の公園です

ひろしま遊学の森 広島県緑化センター 広島県立広島緑化植物公園
TOP リンク お問合わせ
[使い方]
TOP > 業務内容 > 緑化研修会 > 平成20年度緑化写真コンクール

●平成20年度緑化写真コンクール


平成20年度 緑化写真コンクール 入賞作品一覧
(敬称略)
作品 作品主題 氏 名  コメント 講評
特選 特選「秋陽に輝く」 秋陽に輝く 佐伯 佳正 11月中旬、緑化センターの秋は最高。本館角のオオモミジは、秋陽を全身に受け輝いている。このモミジは、芽吹き、新緑、黄葉、裸木と通年で美しい。 写真に力強さがある。色、光、焼きもよく、構図が素晴らしい。幹のバランスもよく、造形も素晴らしい。
入選 入選「満腹」 満腹 岡畠 幸子 レストハウスのベンチにすわっていると桜の実を食べて満足してしまったのか、眠そうなひよどりのほほえましい、姿を見て撮りました。 構図がよく、枝のバランスがよい。赤い実がバランスよくあり、背景が黒く落ちており、ヒヨドリが引立っている。
入選「激写」 激写 貫里 義春 大もみじを切り取るカメラマン「どこを撮ろうかな」 秋の雰囲気がよく出ている。写真の物語性がよく伝わってくる。
入選「小春日和」 小春日和 吉田 喜子 秋の一日、束の間の外出デーのひとコマです。 年配の方が秋の紅葉を楽しんでいる表情がよくでている。秋を待っていたかのようである。
佳作 佳作「渓流」 渓流 梶本 協治 緑化センターの小川の撮影しようと散策中落葉が川の流れでうず巻いているのを発見し、早々に撮った写真です。 秋の流れをスローシャッターで上手に撮影している。流れ具合もよく、きちんととらえている。
佳作「春の訪れ」 春の訪れ 植野 寿彦 桜の咲く時期には多くの人が訪れます。桜と人物を入れて撮りました。 花を楽しみに来た感じがよく出ている。桜の開花を待っていた感じが伝わってくる。もう少し光があればよい。
佳作「秋のヤマガラ」 秋のヤマガラ 宰 啓二 レストハウスの裏で撮りました 背景の色で秋が感じられ、ヤマガラの表情がよく出ている。今にも動き出しそうな感じが伝わってくる。
佳作「遠足」 遠足 黒瀬 正一 初秋の紅葉を求め園内は毎日の様に児童で賑わっていた。 小学生が遠足を楽しみにしていた感じがでている。バックの色がよく、構図と色のバランスが素晴らしい。
佳作「小春日和のひとコマ」 小春日和のひとコマ 三谷 伸吾 小春日和の日、池のアヒル?と遊んでいる姿がほほえましく見えました。 ファミリーが秋の日差しを受けている感じが良い。ファミリーの暖かさが感じとれる。

他の年の入賞作品

 平成27年度
 平成26年度
 平成25年度
 平成24年度
 平成23年度 秋
 平成23年度 春
 平成22年度 秋
 平成22年度 春
 平成21年度 秋
 平成21年度 春
 
 

   戻る



ひろしま遊学の森 広島県緑化センター
広島県立広島緑化植物公園
個人情報について  
広島県広島市東区福田町10166-2 TEL 082-899-2811 FAX 082-899-2843
公園の紹介業務内容アクセス開花・緑化情報ボランティア等の活動公園ウォッチング