春の桜、夏には昆虫、秋の紅葉、冬は雲海など四季を通じて楽しめる広島県の公園です

広島県緑化センター 広島県立広島緑化植物公園
TOP リンク お問合わせ
[使い方]
TOP > 業務内容 > 緑化研修会 > 平成28年度緑化写真コンクール

●平成28年度緑化写真コンクール

 平成28年12月10日(土)、ひろしま遊学の森 緑化センター研修会「写真コンクール公開審査」で、平成28年度緑化写真コンクールの審査が行なわれました。

そして応募作品86点(36名)の中から、特選1点、入選2点、準入選1点、佳作5点の計9点が選ばれました!

入賞作品、及び応募された方の作品各1点を「緑化センター写真コンクール作品展」として1月29日(日)まで、レストハウスで展示します。

また、「平成29年度ひろしま遊学の森 四季の移ろい写真コンテスト」の募集を平成29年4月1日から行います。

たくさんのご応募をお待ちしています!

入賞作品一覧
(敬称略)
作品 作品主題 氏 名
(敬称略)
 撮影者コメント 講 評
特選 特選『空間の彩り』 『空間の彩り』 西村 義雄 パレットの絵の具を空中に散らした様だ。 当コンクールで今までにない表現。黒い幹と紅葉のバランスがよい。
入選 入選『秋、クライマックス』 『秋、クライマックス』 佐伯 佳正 オオモミジの秋化粧は、11 月上旬から始まった。
今日は「秋化粧のクライマックス」に出会えた。感動!!
構図は完璧。
幹の中央の白色を処理するともっとよくなる。
入選『緑化センター朝の光』 『緑化センター朝の光』 金子 昭久 コメントなし 色が綺麗に出てとても良い作品。

入選
準入選『朝日』 『朝日』 竹本 照美 くもの巣が朝の光に照らされて輝いていました。 くもの巣がよく撮れている。
右の太い木の幹の部分でトリミングすると良い。
佳作 佳作『揺らめき』 『揺らめき』 高取 一巳 池の水面は遊ぶ鯉の揺らめきがあり、春の到来を感じた。 放射状の幹の中に鯉入っているのが良い。
グリーンが強いので、マゼンタを入れるとなおよい。
佳作『おちばのシャワー』 『おちばのシャワー』 迫 早智子 3 つ子ちゃんが楽しそうに
「みんな早くおちばあつめて…!いちにのさーん…!」
誰かが「おちばのシャワーだ」といって大笑いし、
何回も何回も遊んでおられました。
子どもの表情が良い。
焼き込むとなお良い。
佳作『快晴を楽しむ鯉』 『快晴を楽しむ鯉』 玉廣 靖司 青空の下で、元気よく泳ぐ鯉にシャッターチャンスを逃してばかり。 よく撮れている。
色が薄いのでもっと濃くするとよい。
佳作『晩秋の桜』 『晩秋の桜』 錦織 永治 雨にしっとりとぬれた後なので、一段と花がきれいであった 撮影ポイントをよく見つけられた。
サクラは春のイメージだが、背景の紅葉で秋に咲いているのが分かる。
佳作『晩秋の十月桜』 『晩秋の十月桜』 佐藤 利明 自然の神秘、更けゆく秋色の中で可憐な
十月桜は心温まる癒される瞬間である。
手前のボカシが効いており、雰囲気がある。

他の年の入賞作品

 平成27年度
 平成26年度
 平成25年度
 平成24年度
 平成23年度 秋
 平成23年度 春
 平成22年度 秋
 平成22年度 春
 平成21年度 秋
 平成21年度 春
 平成20年度
 

   研修会へ戻る
  トップページへ戻る

ひろしま遊学の森
広島県緑化センター 広島県立広島緑化植物公園
個人情報について  
広島県広島市東区福田町10166-2 TEL 082-899-2811 FAX 082-899-2843
公園の紹介業務内容アクセス開花・緑化情報ボランティア等の活動公園ウォッチング