春の桜、夏には昆虫、秋の紅葉、冬は雲海など四季を通じて楽しめる広島県の公園です

広島県緑化センター 広島県立広島緑化植物公園
TOP リンク お問合わせ
[使い方]
TOP > 開花緑化情報 > 開花メール 平成25年 > vol.233

開花・緑化情報

▼△▽△▽▲▼▲▼△▽△▽▲▼▲▼△▽△▽▲▼▲▼△▽△▽

広島県緑化センター メールマガジン VOL.233 H25.3.21

▽▼▲▼▲▽△▽△▼▲▼▲▽△▽△▼▲▼▲▽△▽△▼▲▼

 広島市の市街地では染井吉野が咲き始めたようです。緑化センターでは早咲きのサクラが咲き始め、染井吉野も蕾を膨らませています。


河津桜(サトザクラ※)バラ科サクラ属(写真1)
 昭和30年に静岡県の河津川沿いで発見され、後に静岡県河津町に移植されました。花は3月上旬から咲き始め、染井吉野より濃い色で先端に切れ込みがあります。原木のある伊豆半島では2月中旬から咲き始めます。鱗片の先端近くに毛があるのは、カンヒザクラからきた性質で、もう一方の親はオオシマザクラと推定される自然交配種です。多目的広場のり面、第5駐車場向かいの展望広場で咲き始めました。


小彼岸(サトザクラ※)バラ科サクラ属(写真2)
 西ゲートから出て左側で咲き始めました。小形で枝がよく分かれ花付きが良いため庭木としてもよく植えられます。エドヒガンとマメザクラの雑種と推定されています。
 ※サトザクラとは、自然交配や人工交配によって作出された品種群の総称です。


カンヒザクラ(寒緋桜)(野生種)バラ科サクラ属(写真3)
 中国大陸南部や台湾に自生するものは関東南部以西で広く栽培されています。また、沖縄県の石垣島や久米島にも見られます。花は下向きに垂れ下がり、花弁は開ききらずに鐘形になるものが普通ですが、花弁が開くものもあります。早春の寒い時期から濃い色の花をつけるためこの名前がつけられました。沖縄県では染井吉野の生育が難しいため、このカンヒザクラがサクラの開花標準木になっています。苗畑の中で咲いています。


カツラ(桂)カツラ科カツラ属(写真4
 日本固有種で、山地の谷沿いに点在します。カツラ科はカツラ属1属からなり、かなり古い時代から生き残ってきた植物と言われています。雌雄異株で、写真は雄株です。花は展葉前に開き、花弁や蕚はありません。紅紫色の葯と白色の花糸が鮮やかな雄花は、風媒によって花粉が運ばれるため約5mmと小さいです。雌花の紅紫色の柱頭もよく目立ちます。花の期間は僅か3日間ですが、緑化センターでは生えている場所によって開花時期が異なりますので3日以上は観察できます。センター池横、見本園、ツバキ園下周辺などで見ることができます。

その他開花情報は下記のとおりです。
見頃…ハナノキ、キブシ、アブラチャン、十月桜、冬桜、シダレヤナギ、ウメ、アセビ、アケボノアセビ、ヤブツバキ、ツバキ品種各種、トサミズキ、ヒュウガミズキ、コリヤナギ、シキミ
開花(木本)…サザンカ、マンサク、アテツマンサク、ネコヤナギ、ヒサカキ、チョウセンレンギョウ、ミツマタ、アメリカハナノキ
咲き始め…ユキヤナギ、コブシ
間もなく開花…アンズ、大寒桜、八重紅彼岸(サクラ)、サンシュユ
蕾が膨らんでいるもの…修善寺寒桜、寒咲大島(サクラ)、クロモジ、シロモジ、カナクギノキ、ヒイラギナンテン、シロライラック、タムシバ、モクレン、ベニスモモなど
開花(草本)…クリスマスローズ、ヒメスミレ、ヒガンマムシグサなど

    一覧表へ戻る    
広島県緑化センター
広島県立広島緑化植物公園
個人情報について  
広島県広島市東区福田166-2 TEL 082-899-2811 FAX 082-899-2843
公園の紹介業務内容アクセス開花・緑化情報ボランティア等の活動公園ウォッチング