春の桜、夏には昆虫、秋の紅葉、冬は雲海など四季を通じて楽しめる広島県の公園です

広島県緑化センター 広島県立広島緑化植物公園
TOP リンク お問合わせ
[使い方]
TOP > 開花緑化情報 > 開花メール 平成25年 > vol.241

開花・緑化情報

▼△▽△▽▲▼▲▼△▽△▽▲▼▲▼△▽△▽▲▼▲▼△▽△▽

広島県緑化センター メールマガジン VOL.241 H25.4.25

▽▼▲▼▲▽△▽△▼▲▼▲▽△▽△▼▲▼▲▽△▽△▼▲▼

 ハンカチノキは花をつけ始め、総苞片が白くなると見頃を迎えます。まだ緑色を帯びていますが、日に日に白くなります。今は八重桜をはじめたくさんの花を楽しめます。エヒメアヤメも花が増えています。


松月(しょうげつ)(サトザクラ)バラ科サクラ属(写真1)
 作業舎横に1株のみ植栽されている松月は、明治期に荒川堤から広まりました。花弁の内側は白色に近く、外側は淡紅紫色で先端に細かい切れ込みが多い八重咲き品種です。普賢象に似ていますが、普賢象の若芽は赤みを帯び、開花と同時に展葉するのに対し、松月の若芽は黄緑色で、花より少し遅れて展葉します。
 この他のサクラの開花状況です。
  見頃…天の川、関山、江戸、紅普賢、鬱金、御衣黄、楊貴妃、兼六園菊桜、佐野菊桜


リキュウバイ(利休梅)バラ科ヤナギザクラ属(写真2)
 別名ウメザキウツギ、バイカシモツケといい、中国原産で明治時代に渡来しました。白い花が美しく、庭木や公園樹、切り花などで利用されています。広島市街地ではすでに花は終わったと聞きますが、緑化センターではようやく見頃を迎えました。車庫裏で見られます。

 サクラ以外の開花情報は下記のとおりです。
  見頃…オウバイ(写真3)、セイヨウシャクナゲ(写真4)、ドウダンツツジ、ボケ、キクモモ、カリン、ハナカイドウ、ユキヤナギ、ツバキ、トウモクレン、カエデ類、ハナミズキ、フジ、ハナズオウ、カラタチなど
  咲き始め…イスノキ、シナヒイラギ、ムベ、ミツバアケビ、ヒラドツツジ、キリシマツツジ、オオモミジ、クマシデ、フジ、コナラ、エノキ、トネリコ、チドリノキ、アキグミ、モミ、コバノガマズミなど
  開花している草本…エヒメアヤメ、フッキソウ、キランソウ、セイヨウタンポポ、マムシグサ、フデリンドウ(咲き始め)




 ※4/29(月・祝)には「みどりの集い」を開催します!!
  詳細はホームページ http://ryokka-c.jp/ をご覧ください。

    一覧表へ戻る    
広島県緑化センター
広島県立広島緑化植物公園
個人情報について  
広島県広島市東区福田166-2 TEL 082-899-2811 FAX 082-899-2843
公園の紹介業務内容アクセス開花・緑化情報ボランティア等の活動公園ウォッチング