春の桜、夏には昆虫、秋の紅葉、冬は雲海など四季を通じて楽しめる広島県の公園です

広島県緑化センター 広島県立広島緑化植物公園
TOP リンク お問合わせ
[使い方]
TOP > 開花緑化情報 > 開花メール 平成25年 > vol.242

開花・緑化情報

▼△▽△▽▲▼▲▼△▽△▽▲▼▲▼△▽△▽▲▼▲▼△▽△▽

広島県緑化センター メールマガジン VOL.242 H25.5.2

▽▼▲▼▲▽△▽△▼▲▼▲▽△▽△▼▲▼▲▽△▽△▼▲▼

 4月29日の「みどりの集い」は天候にも恵まれ、すべての駐車場が満車となり大盛況でした。ありがとうございました。続いて、6月2日には「山の日」県民の集いイベントが開催されます。記念植樹や森の手入れ、フルート演奏や県庁合唱団などの催しを予定しております。ぜひお越しください。園内は花と新緑に彩られ、野鳥や昆虫も増えてきました。


ハンカチノキ  オオギリ科※ダヴィデア属(写真1)
 中国大陸西南部の標高2000m付近の山地にのみ自生する落葉高木です。種子の化石が神奈川県の地層から発見されているので、かつては日本にも分布していたようです。印象的な白い2枚の総苞片をハンカチに見立てて名付けられました。今年は特に花の数が多いです。属名は発見者のアルマン・ダヴィッド氏にちなみます。別名ハトノキとも呼ばれます。管理事務所横で見ごろを迎えました。(※ミズキ科、ダヴィデア科など分類は諸説あります。)


ウワミズザクラ(上溝桜)バラ科ウワミズザクラ属(写真2)
花のつき方がヤマザクラなどとは異なりブラシのような総状花序に白い小さな花をたくさんつけます。山地に自生する落葉高木で、緑化センターでは薬草園下の谷沿いで1本のみ生えています。ウエミゾザクラが転訛したもので、古く亀甲占いでこの材の上面に溝を彫っていたためといわれています。


フデリンドウ(筆竜胆)リンドウ科リンドウ属(写真3)
 日当たりのよい山地や野原に自生する5~10cmの2年草で、東アジアの温帯に広く分布します。曇りや雨の日は花を開きません。よく似たハルリンドウは根元の葉が大きくロゼット状になりますが、フデリンドウはロゼット状にならず、根元の葉は小さいです。薬草園横で咲いています。

 その他開花情報は下記のとおりです。
  見頃…兼六園菊桜、佐野菊桜、ズミ、リキュウバイ、オウバイ、マルバアオダモ、シナヒイラギ、コバノガマズミ、セイヨウシャクナゲ、ドウダンツツジ、ヒラドツツジ、イスノキ、ムベ、ミツバアケビ、キリシマツツジ(写真4)、カリン、ツバキ、トウモクレン、カエデ類、ハナミズキ、フジ、ヤマフジ、カラタチなど
  咲き始め…チドリノキ、アキグミなど
  開花している草本…エヒメアヤメ、フッキソウ、キランソウ、セイヨウタンポポ


 ※5月の休園日はありません。
  5月3~6日の間、無料シャトルバスを運行します。
   停留所…県庁北側⇔登石バス停⇔広島市森林公園⇔緑化センター
   運行表はホームページ http://ryokka-c.jp/ に掲載しております。
  5/15(水)は園内ボランティアによる植樹があり、
  RCCの取材・放映があります。興味のある方は見学にお越しください。

    一覧表へ戻る    
広島県緑化センター
広島県立広島緑化植物公園
個人情報について  
広島県広島市東区福田166-2 TEL 082-899-2811 FAX 082-899-2843
公園の紹介業務内容アクセス開花・緑化情報ボランティア等の活動公園ウォッチング