春の桜、夏には昆虫、秋の紅葉、冬は雲海など四季を通じて楽しめる広島県の公園です

広島県緑化センター 広島県立広島緑化植物公園
TOP リンク お問合わせ
[使い方]
TOP > 開花緑化情報 > 開花メール 平成25年 > vol.247

開花・緑化情報

▼△▽△▽▲▼▲▼△▽△▽▲▼▲▼△▽△▽▲▼▲▼△▽△▽

広島県緑化センター メールマガジン VOL.247 H25.6.1

▽▼▲▼▲▽△▽△▼▲▼▲▽△▽△▼▲▼▲▽△▽△▼▲▼

 明日6月2日(日)は山の日イベントを行います。雨天の場合、演奏はレストハウスで行いますのでぜひお越しください。


★開花情報


センダン(栴檀)センダン科センダン属(写真1)
 紫色の筒状に合着した雄しべが特徴的な落葉高木で、車庫前で開花しました。ことわざにある“栴檀は二葉より芳(かんば)し”の栴檀は本種ではなく、ビャクダン(白檀)のことです。果実は秋に黄褐色に熟し、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミなどの鳥が食べます。樹皮は駆虫薬として利用され、生薬名を「苦楝皮(くれんぴ)」といいます。原産地は諸説ありますが、わが国では四国、九州、沖縄、小笠原に分布し、公園や街路樹によく植えられています。巨樹も多く、香川県と徳島県に天然記念物に指定されている樹があります。


ツクバネ(衝羽根)ビャクダン科ツクバネ属(写真2)

 ツガ、モミ、ヒノキなどに半寄生して生育する落葉低木で高さ1~2mになります。雌雄異株で枝先に緑色の小さな花を咲かせます。雌雄ともに花弁はなく、雌花には長さ3cm程の苞が4枚あります。ツクバネの名は、果実が熟すと羽根つきの羽根そっくりの姿になることに由来します。若葉は食べられ、若い果実も塩漬けにして食用にします。作業舎裏、管理事務所前で見ることができます。


サラサウツギ(更紗空木)ユキノシタ科ウツギ属(写真3)
 八重咲きで花弁の外側が紅紫色を帯びているウツギの品種で古くから栽培されています。自生もあります。苗畑で咲いています。

 その他開花情報

  見頃…ヤマボウシ、ユリノキ、キハダ、カルミア、エゴノキ、ウツギ、コガクウツギ、ハコネウツギ、ヤマイバラ、シャリンバイ(写真4)、トキワサンザシ、カナメモチ、スイカズラ、イボタノキなど
  咲き始め クスノキ、トベラなど
  草本 マツバウンラン、シランなど


★山の日イベント情報
 メイン会場:レストハウス前
 臨時駐車場:多目的広場

 内 容:記念植樹、森の手入れ、間伐除伐、広島県庁合唱団、フルート演奏、フリーマーケット、ノルディック・ウォーク、森のネイチャーゲーム、ペンダント・コースター作り、紙ヒコーキ大会、グランドゴルフ大会、モーリースタンプラリー

 たくさんのご来園お待ちしております。

    一覧表へ戻る    
広島県緑化センター
広島県立広島緑化植物公園
個人情報について  
広島県広島市東区福田166-2 TEL 082-899-2811 FAX 082-899-2843
公園の紹介業務内容アクセス開花・緑化情報ボランティア等の活動公園ウォッチング