春の桜、夏には昆虫、秋の紅葉、冬は雲海など四季を通じて楽しめる広島県の公園です

広島県緑化センター 広島県立広島緑化植物公園
TOP リンク お問合わせ
[使い方]
TOP > 開花緑化情報 > 開花メール 平成25年 > vol.252

開花・緑化情報

▼△▽△▽▲▼▲▼△▽△▽▲▼▲▼△▽△▽▲▼▲▼△▽△▽

広島県緑化センター メールマガジン VOL.252 H25.8.8

▽▼▲▼▲▽△▽△▼▲▼▲▽△▽△▼▲▼▲▽△▽△▼▲▼

 猛暑続きですが、いかがお過ごしでしょうか。学校は夏休みで、渓流遊びや昆虫探しなどの来園者で賑わっています。緑化センターは気温が市街地よりも2~3℃低く、広島の軽井沢と投稿されているブログもあります。

★開花情報


サギソウ(鷺草)ラン科ミズトンボ属(写真1)
 管理事務所前の鉢植えに美しい白い花を咲かせました。花の形をシラサギが羽を広げている姿に例えて名付けられました。高さ20~50cmの多年草で、かつては日本の湿地帯に広く自生していましたが、湿地の消失などにより、現在では激減しており、環境省の準絶滅危惧種に指定されています。葉に斑が入る品種も栽培されています。


ムクゲ(木槿)アオイ科フヨウ属(写真2)
 韓国の国花に指定されている落葉低木で、庭木としてよく植えられます。別名ハチスとも呼ばれます。花は普通、薄紫色ですが、白色や八重咲きなど40種類以上の品種があります。古くはアサガオと混同していたそうです。原産地は中国といわれていますが、定かではありません。苗畑で咲いています。
 

クサギ(臭木)クマツヅラ科クサギ属(写真3)
 枝や葉に強い臭気があることから名付けられた落葉低木で、林縁や川岸など日当たりの良いところに生えます。真夏に開花し、白い花冠と赤い蕚との組み合わせがユニークです。若葉は煮たり、油で炒めて食用にします。見本園入り口でキョウチクトウ(写真4)と共にたくさん花をつけています。



その他開花情報
 
開花中
リョウブ、クズ、ハネミイヌエンジュ、ノリウツギ など


    一覧表へ戻る    

広島県緑化センター
広島県立広島緑化植物公園
個人情報について  
広島県広島市東区福田166-2 TEL 082-899-2811 FAX 082-899-2843
公園の紹介業務内容アクセス開花・緑化情報ボランティア等の活動公園ウォッチング