動植物ガイド

バードウォッチング

カワラヒワ

2017.03.30   投稿:スタッフ

L 14.5cm
W 24cm
北海道~九州までの各地に留鳥として分布し繁殖します。
体はオリーブ褐色で風切は黒く、基部が黄色いので羽根を広げると幅の広い黄帯が見えます。黄色い翼帯を持つ点ではマヒワに似ていますが、マヒワは全体に明るい黄色と黄緑色の鳥です。雄の頭部には黄緑色味が強く、目先から嘴の基部は黒っぽいです。
枝の茂みなどに細根や枯れ茎が主な材料で椀形の巣を作ります。市街地ではビニールひもが多く使われます。3~7月に3~5個の卵を産み、抱卵日数は11~13日位、巣立ちまでは14日位です。
繁殖期以外では群れで生活し、川原や農耕地などで草の実を食べます。

カワラヒワ
 

TOP