動植物ガイド

植物の紹介

ガマズミ

2018.01.01   投稿:STAFF

科名
レンプクソウ
属名
ガマズミ
別名
アラゲガマズミ
自生・野生・植栽
自生・野生化・植栽

丘陵~山地に生育し高さ5mになります。
葉は対生して長さ6~14cm、幅3~13cmの倒卵形や卵形から円形です。ふちには浅い鋸歯があります。両面とも毛があり、とくに脈上に多いです。裏面には全面に細かい腺点があり、葉身の基部付近には大きい腺点が2~3個あります。
花は5~6月、枝先に直径6~10cmの散房花序をだし、白く小さな花を多数つけます。
果実は6~8mmの広卵形で、9~11月に赤く熟します。コバノガマズミの仲間は葉柄が長さ6mm以下と短いのに対し、ガマズミの葉柄は1cm以上あります。

植栽場所:管理事務所横三叉路他園内

H19.05.18kaika4_640H18.10.11_640H19.05.18ura_640 H19.05.18omote_640H20.05.26kakudai2_640 H20.05.26kakudai3_640

TOP