動植物ガイド

植物の紹介

ミヤマガマズミ

2021.04.27   投稿:STAFF

科名
レンプクソウ
属名
ガマズミ
別名
-
自生・野生・植栽
自生・野生化

林内や林縁に生育し、高さ5mほどになります。若い枝は紫褐色です。

 

葉は対生し、長さ6~14㎝、幅4~9㎝で先は細くなり、鋸歯があります。裏面は脈にそって長い毛があります。

 

花は5~6月に直径6~10㎝の散房花序をだし、白い小さな花をつけます。

 

果実は9~10月に赤く熟します。

 

ガマズミは葉の先のとがり方が鈍く、葉柄には短毛や星状毛などが密生しているのに対し、本種は、葉の先が鋭くとがり、葉柄には長い絹毛がまばらに生えています。

 

miyamagamazumi_ha1miyamagamazumi_hana

miyamagamazumi_ha2miyamagamazumi_mi

TOP